借金を滞納するとどうなるか

借金を滞納するとどうなるか 借りたものは返さなければならないと分かっているものの、自営業がうまくいかない、給与が下がった、出費が重なったなどでどうしても借金を滞納してしまうこともあります。
なるべく早く滞納を解消することが1番ですが、もしそのまま借金を延滞したらどうなるのでしょうか。
金融機関からの借金を滞納した場合、確実に個人信用情報に傷がついてしまいます。
個人信用情報とは個人のこれまでのクレジットカードの作成履歴や借り入れ金の状態などが分かる情報で、金融機関同士で共有されている情報になります。
こちらに傷がついてしまうと、次回から借り入れの申込が難しくなるというデメリットも存在します。
また場合によっては今ある債務を、延滞金と一緒に全額支払えと命じられても文句は言えません。
支払えと言われても支払えない場合、業者に裁判を起こされる可能性が高くなります。
裁判での決定を受けると、給与や売上を差し押さえられます。
借金の滞納は場合によっては仕方がないことかもしれませんが、なるべく早く対応することをおすすめします。

借金の督促状を無視し続けると

借金を期限までに返済できないと、まずは電話やメールにより督促が行われます。
この段階で返済ができれば全く問題ありませんが、延滞が複数回発生したり、継続するような場合には、金融機関から督促状が通知されます。
督促状には、いつまでに延滞損害金も含めていくら返済すべきかが明記されています。
その通りに返済できればセーフですが、それでも無視を続けると今度は家に訪問して督促が行われるようになります。
また、保証人を立てている場合には、保証人に連絡がいくこともあります。
そして、それでも無視し続けると、最後通告のような督促状が届きます。
内容は、返済がこれ以上滞れば裁判所に申し立てて、法的手続きを執行するというものです。
この時点ならまだ間に合いますが、これも無視した場合には、最終的に裁判所から強制執行がかかります。
借金の返済が完了するまで給与を差し押さえられ、自宅や財産まで差し押さえられることになります。
もし、どうしても返済が厳しい状況にある場合には、大ごとになる前に弁護士に相談することが重要です。

Valuable information

札幌のネイルサロンを検索
http://nail-lien.jp/

2017/4/13 更新