借金を圧縮する方法

借金を圧縮する方法には、大きく分けて「契約を守って円満にローンの負担を減らす方法」と、「法律の力を借りて強制的に借金を減額する方法」の2通りがあります。
前者は、おまとめローンや借り換えローンがあてはまります。これらの方法は、新しく借りたお金で前のローンをきっちり返済して、新しいローンもきちんと返済していくことになるので、なんら契約違反はなく、むしろ良好な利用方法と言えます。金利によって減らせる金額は変化しますが、場合によっては大きく負担が減らせることもあります。
後者は、債務整理がこれにあたります。「強制的に」とはいっても、任意整理では債権者と交渉をして行うので、比較的円満な解決方法になります。個人再生や自己破産では法律の定めに従って借金が減額もしくは免除されるので、法律の強制力が働きます。
債務整理では、任意整理なら利息と遅延損害金が全額免除され、個人再生では元本までも大幅に圧縮でき、自己破産ではすべての借金をゼロにできます。しかし、契約違反となるので、デメリットがつくことも忘れてはいけません。
なるべく任意整理で解決してしまうことが望ましいので、なるべく早めに弁護士などに相談をしましょう。

借金の延滞金はどうやって計算されるの?

延滞金はどうやって計算されるの? 借金の返済を延滞すると、延滞金がかかってきます。遅延損害金と呼ばれることもあります。多くの金融機関では、遅延損害金利率は20%となっています。
例えば通常のローンの金利が14%であり、遅延損害金利率が20%だとすれば、延滞するまでは14%が適用され、延滞後は20%が適用されることになります。
よく誤解されていますが、通常の金利と遅延損害金利率が同時にかかってくることはありません。前の例なら、100万円を借りていて、そのうち10万円の返済で延滞したとすると、まだ期日が訪れていない90万円には14%が、滞納分である10万円には20%がかかることになります。
このように、同時にかかってはいますが、二重にかかることはありません。
借金の延滞金にかかる利率にも上限が定められており、20%を超える金利をとることができません。しかし、借金を延滞した時のデメリットは延滞金だけではなく、個人信用情報に傷がつくという大きなデメリットもあります。
借金をしたらきちんと期日を守って返済するようにしましょう。

check

高円寺で美容院を利用
http://www.raiponia.jp/

2016/7/28 更新